三条たたみ障子の価格や種類はどう?

三条たたみは障子の新調・貼替えともに受け付けてくれます。

 

障子の張替え

 

三条たたみの障子は、全6種類。

 

三条たたみには見た目や機能面から、様々な障子がそろっています。
1つひとつについて、簡単に説明しますね。

 

まず「見た目」で選ぶ場合は、次の3種類になります。

 

●「普通紙」:一般的な障子で、個室や居間などに向いています。

 

●「味わいのある障子」:楮の繊維が入った高級品です。

 

楮(こうぞ)は紙を作る原料のなかでも特に強度が高い、良質な素材。

 

大切な方をお迎えする客間などに向いています。

 

障子の種類

 

●模様のある障子:様々な柄があるので、好みのテイストに合わせて選ぶことができます。

 

 

機能で選ぶなら、次の3つ。

 

三条たたみには、「障子の弱点」をカバーするような高機能商品が多いですね。

 

水でふける障子:和紙を両面から、塩化ビニール樹脂でラミネート加工したもの。

 

水でふけるというのは、掃除がしやすくて良いですよね。

 

破れにくい障子:普通紙の4倍の強度を誇ります。

 

小さなお子さんやペットのいるご家庭にグッド。

 

紫外線を防ぐ障子:UVカット加工がされており、さらに強度もあり、水にも強い万能選手です。

 

このように三条たたみでは、見た目・機能両面でバリエーション豊富な商品がそろっています。

 

お金は?

 

さて気になる価格は、どうでしょうか。

 

新調する場合は、高さ200cm×幅90cm以内で20,000円〜30,000円台。
さらに納品する際にかかる「吊り込み費用」が別途必要です。

 

費用はだいたい3,000円前後です。

 

また貼替えは、紙によってかなり価格に幅が出ます。

 

高さ200cm×幅90cm以内で考えると、「普通紙」なら2,000円〜2,500円、「破れにくい障子」だと5,000円、「水でふける障子」になると12,000円程度となります。

 

障子は通気性が良いため、日本の気候に非常にマッチしています。

 

やわらかな光の障子

また部屋に入る光も柔らかく、雅やかな雰囲気を醸し出してくれます。

 

三条たたみの障子は種類が豊富なので、自分なりに快適な「和」の空間を作ることができますね。

 

詳細ボタン

 

障子の小窓

 

★三条たたみのトップページに戻る