一般的な襖の張替え価格 自分でやるより圧倒的に綺麗です

襖の価格は新調も貼替えも、主にふすま紙の種類によって決まります。

 

決まりを表す女性

 

ふすま紙は紙系織物系とに分けられます。

 

紙系はランクが上の物から挙げると、本鳥の子上新鳥の子新鳥の子など。
織物系には紗や織物などがあります。

 

襖の価格は一見、織物系の方が高いような気がしますが、両者の価格にそれほど差はありません。

 

紙系も織物系も、最高級品・普及品の価格はともに同程度で、また品質による価格の幅も同じぐらいです。

 

では実際に、襖の価格を見てみましょう。

 

お金

 

押入の襖を新調する場合、本鳥の子や上級織物など最高級ランクのものは1枚30,000円以上。

 

それに次ぐ上新鳥の子になると、15,000円20,000円前後。

 

新鳥の子や織物など普及品の場合は、10,000円前後になります。

 

ちなみに間仕切りの襖を新調する場合は、押入より若干高価格に。

 

上新鳥の子紙で30,000円前後、新鳥の子紙でも20,000円程度はかかります。
逆に天袋・地袋は、面積も狭い分低価格に。

 

上新鳥の子や上級織物でも12,000円〜15,000円ほどで新調できます。
新鳥の子クラスなら10,000円前後で、新調が可能です。

 

なお、新調する場合の襖の価格には、襖の縁や引き手等の値段もプラスされます。

 

さらに実際に新調する際には、古い襖を引き取ってもらう費用も考えておきましょう。
処分費用は、襖1枚1,000円程度です。

 

一方、貼替えは紙を貼り替えるだけ。
よって襖の価格も、新調より安くなります。

 

でも、ふすま紙のランクによって価格に差が出るのは同じこと。

 

たとえば押入の両面貼替えの場合は、5,000円〜30,000円とふすま紙によってかなり幅があります。

 

最高級品の本鳥の子や高級織物クラスだと、貼替えだけでも数万円かかることがあります。

 

上新鳥の子クラスなら、押入の両面貼替えは10,000円前後。

 

新鳥の子や普及品織物クラスなら、両面でも3,000円程度です。

 

また同じ押入の貼替えでも片面だけの場合、普及品なら2,000円台。

 

上新鳥の子クラスでも6,000円〜8,000円と、かなり費用を抑えることができます。

 

「襖を新しくする」と一言でいっても、縁まで傷んでいるのか、紙が破れているだけなのかによって費用は全く変わってきます。

 

現在の襖の状態と、襖の価格とをよく照らし合わせて、慎重に襖選びをしていきたいですね。

 

襖

 

★三条たたみのトップページに戻る